FC2ブログ

日本そば大学講座北海道支部學舎in苫小牧

テーマ 思いやりの心で『そば道』をつなげよう

参加して来ました。
201811181822074e4.jpg
上位の段位認定者が受けるものというイメージをもたれている方がいらっしゃると思います。
プログラムは
1.全麺協の近未来像(これは確かに段位認定に関係する話で段位取得に興味のない方は関係ないかなと思います。)
それ以外は、段位取得の有無には関係ないものであり、そばの知識を深めたい方やそれ以外の教養を深めるのには大変勉強になりました。
20181118182953d6d.jpg


2.理屈家のそば打ちパート2
そば&とおくというblogを書いておられる方の技術説明講義です。
指導の仕方の方向性を考える機会となりました。
講義の内容を11/21~30日にPDFで公開されるとのことです。
blog→そば&とおく
当会HPにリンク貼っておきます。
私もこの方のblogを拝見してずいぶん参考にさせて頂きました。
昼食を挟んで

3.支部内活動報告として今年10周年を迎えた江別手打ちそば愛好会会長と幌加内町「沼牛駅」の保存についてそば工房坂本さんの講演がありました。
1年7ヶ月後当会も10周年を迎えます。何をしようか考えながら聞いておりました。
これについては、皆さんからの意見を聞いて見たいものです。こういうことをしたいというものがあれば役員に教えて頂ければと思います。

4.続いてはお寺にまつわるそばの話ということで守田名人の講話です。そば切りの歴史の話でした。

5.続いては日本酒とそばの関係について栗山にある小林酒造の専務さんの講話です。
正直話を聞く前はたいした話でないのかな?と思っていましたが、日本酒に興味のある私はすごく面白かったです。

6.最後は出汁の講話です。
そばの認定会場には必ずと言っていいほどおられる大熊商店さんの社長講話です。
因みに基本レシピは当会HPのそば汁の作り方に掲載しています。

風の噂ですが、来年も開催を計画しているようです。段位の有無は関係ありません。純粋にそばについて理解を深めたい方は参加されると面白いと思います。

コメント

トラックバック