切板に乗せるときは慎重に

  • カテゴリ:切り
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
麺体の切り始め部分は重く、切板に乗せるときは丁寧に扱わないと変なところが伸びたり、切れたりしますよね~。このミスを軽減する手法です。
『麺体ストレス軽減の為に、切板に載せる際に駒板を逆さまにしてお盆のように麺体を載せて切板に載せる。』の下りです。

20170312165515aee.jpg
切板に打ち粉を振ったら麺体を乗せますが、駒板を逆さまにし写真のようにお盆みたいにつかいます。(先の部分は切るように薄く三角形になっているので容易に入れることができます。)


2017031216551701b.jpg
薄い方は手で持ち上げて切板に乗せます。


20170312165518bf5.jpg
乗せて置く位置が決まれば駒板を外します。

以上です。

コメント

トラックバック